The Longest one-way Ticket ~最長片道切符の旅・2005春~


切符の話 3日目

2月1日 突然の電話で目が覚める。電話に眠気眼ででると、JR東日本のKさんからであった。
「ご注文いただきました切符、完成いたしました。大変お待たせいたしました。」というKさんの明るい声で一気に目が覚める。
「ありがとうございます。さっそく、お尋ねしたいと思います。」
「はい。では、ご注文いただきましたみどりの窓口においでいただきまして、私の名前を言えば、通るようにしておきます。」
「では、Kさんを呼べばいいのですね。」
「いえ、私は今日は非番なもので…」
なんとKさんは、非番の日だというのに、この切符の完成を知らせるために電話してくれたらしい。もはや、頭が上がらない。

実は、Kさんと電話のやり取りをしたのは今日だけではなく、以前にも2回ほど電話をいただいた。いずれも、最長片道切符のルートに関する確認の電話であった。丁寧な対応に感謝するしかない。そして、今日という日を迎えた。お礼をしたいと思っていたのだが、Kさんが非番であるのなら、仕方がない。だが、この場を借りてお礼を申し上げたいと思う。

さて、さっそく服を着替えて東京駅へ向かう。注文した日は小田急線に乗っていったので、今回は東海道線を利用することにする。最寄り駅の湘南台から小田急線で藤沢へ向かい、JRに乗り換える。やってきたのは、113系であった。113系は東海道線に昔から走っているオレンジと緑色を纏った電車であるが、新型車両の導入に伴い、再来年の引退が決まっている。平日の昼時ということもあって、東海道線は空いており、難なく座れた。「最長片道切符」を受け取りにいくのだなという気持ちもあってか、東京までの時間がいつもより長く感じた。

東京駅に着くと、珍しい新幹線が止まっていた。200系F編成だ。このF編成は2階建て新幹線として有名だった100系と同じシャープな顔をした200系の事。もう数も少なく、臨時列車以外には投入されておらず、滅多にお目にかかれないのだが、うまい具合に東京駅に止まっていた。なんだか、幸先がいい感じでうれしい。

さて、さっそく東京駅八重洲中央口のみどりの窓口へと向かう。今日も、時間帯がよく、並んでいる人は少なく、直ぐに順番が周ってきた。意外にも外国人の方が多い。呼ばれた窓口で早速、「以前、注文していた切符が完成したとKさんに言われてきたのですが」と切り出したら
窓口嬢は「少々お待ちください」といって奥へ引っ込んでしまった。また、待たされる。この時間が異常に長く感じて、しかも後ろからの視線も気になる。急いでいる人にとっては長時間窓口を独占している私は、迷惑極まりないに違いない。こちらとしては、個人的なことで独占している部分もあって、心の中ではひたすら頭を下げるしかない。

5分くらいたって、ようやくお目当ての切符が姿を現した。なんと、A4の紙にずらりと通る経路が書いてある。特大サイズだ。こんなに大きい切符は見たことがない。
c0047256_23524379.jpg

学割証明書を提出して、現金で支払う。7万円強。払う瞬間は、高いとも安いとも感じなかった。ただ、払っているのだ。これで、スタートラインにたったのだ、という気持ちが全身を凌駕していた。お釣をもらった後、
「お手数をおかけしました。どうもすいませんでした。」と頭を下げ、みどりの窓口を後にした。

東京駅内のカフェで、コーヒーを飲みながら、最長片道切符をしげしげと眺める。通るルートと乗り換え駅がびっしり書かれている紙を眺める。なんだか、実際通るという実感がなかなかわかない。本当に、私はこんな所を通るのか?とも思ってしまった。なんだか変な気持ちである。さっきから、気持ちの入れ替わりが激しい。

さて、帰りも東海道線113系のお世話になる。品川駅で、3月1日のダイヤ改正で消滅する寝台特急「あさかぜ」と「さくら」の車両が整備されている姿を見るなど、昼時の東海道線沿線の風景を楽しみながら、再び湘南台へと帰った。

自宅で、もう一回切符を見てみる。この切符で12000キロも旅をするのだと。自分はスタートラインに立っているのだと。色々な思いが頭の中を巡っている。
[PR]
by sojo_skyline | 2005-02-04 01:07 | 切符の話

<< 準備の話      切符の話 2日目 >>

最長片道切符で行く日本縦断の旅
by sojo_skyline
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31