The Longest one-way Ticket ~最長片道切符の旅・2005春~


我思う

27日、博多から新幹線で、実家のある三原に到着した。改札を抜けた瞬間、「この旅のすべてが終わった」という思いが頭を過ぎり、そして、なんとも言えない達成感のようなものが訪れた。

思えば、この旅で多くの出会いをした。人だけではなく、空や海や川や大地…多くの自然と出会うことができた。時に自然は厳しく、そしてやさしかった。

思えば2月14日、雪の稚内に着いた時、これから始まる長い旅に不安と期待が交差していた。そして、季節は流れ、桜が咲こうとしている春となり、私の旅も終わった。旅をしていた日数は30日。でも、実際には長く感じることもなく、そして遠回りをしている、無駄をしていると思ったこともなかった。

人は、私のことを「オタク」とか「暇人」とか言うのかもしれない。だが、私は胸を張っていうのだろう。「無駄をすることにこそ、普段は見えない何かがあるのだ」と。そして、こう続ける「無駄を極めてみれば、襟を正す思いもあるのだ」と。だって、この旅の全ては、紛れもない私の宝なのだから。
[PR]
by sojo_skyline | 2005-03-29 23:40 | その他

<< 写真      今日の写真-雨の有明海・長崎本線- >>

最長片道切符で行く日本縦断の旅
by sojo_skyline
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30